« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月 5日 (木)

北京出張雑感 -道路で馬車を見た-

たった一泊二日で何がわかるのか・・といわれそうな、北京出張から帰ってきました。

確かに短い期間でもわからないこともたくさんあるのでしょうが、やはり自分の目で見て耳で聞くというのは重要です。自分が問題意識に思っていることを直接聞くことが出来る、自分で感じることが出来るというのは問題に対する対応方針を決めるためには不可欠であると感じました。
本質的に僕は現場主義の人間なんだろうと思います。

今回一番よかったのは今までお付き合いしていたお客様がどういう立場でどういうことを考えてお仕事をされているかが、明確になったことです。
我々は本質的にはソフトウェアやWEBを作成する「工場」のような企業ですが、納品時にはお客様のニーズにたいして合致した状態で納品することが必要です。つまり営業はただの製品がお客様のニーズに沿ったものであるという「翻訳」を行うという機能を担っていることになります。
実際にお会いするまではこの翻訳作業のための十分な情報が足りなかったのだと、それゆえにお客様が我々に求めていることが明確にならなかったのだと痛感しました。

ちなみにこの営業の「翻訳機能」は会社の中でも、解決すべき重大な課題の一つであると思っており、いずれは手をつけなければならないことだと強く感じています。まずはどこかでエントリーに書いておこうかな。。


個人的には今回の北京出張で一番驚いたのは、馬車が走っているのを見たこと。__3

イルミネーション華やかな路の中を馬車が走り、荷車に真っ黒い何かを載せているのを見るのはシュール以外の何者でもありませんでした(会社のメンバーによると後ろに乗せているのはスイカだそうです。真っ黒いけどね。。)

上海にはさすがに馬車はもう走っていないので、激しく驚いたのでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

徹夜明けで北京到着

Red Bullのパワーは偉大なり・・ということで、何とかほぼ無事にプロジェクトを仕上げて(実はこれが後で勘違いだったことがわかるのですが・・・)空港に向かい、本日は北京に入りました。

家がある天山路は朝方になるとほとんどタクシーを捕まえることが出来ないので、ちょっと早めに6時半には家に帰りシャワーを浴びて7時には家を出発。カバンの中には北京の皆様のご要望にこたえて、上海にOPEN下ばかりのDUNKIN Donutsがいっぱい入っております。7時半には危なげなく虹桥空港に到着!9時の飛行機に乗るために座って待っていたのですが、気が付けば搭乗10分前!あぶなく空港で寝過ごすところでした・・いや、本当に危なかった。

飛行機の中ではFAの顔も見ることなくソッコーで熟睡。到着後も関係なくねほうけていたため、結局乗務員の方に起こしていただき、無事に北京に到着。久方ぶりの北京ですが、とにかく寒い!顔が痛い!
実際にはかなり暖かい日だったらしいのですが、上海になれた私には死ぬほどしんどい寒さでした。


今回の北京訪問の目的は主に3つです。

①入社以来電話でしか話したことがない人と会う
②人材紹介会社の人と会う
③入社3日目からお付き合いしているお客様とお会いする

なにせ徹夜明けだったので今回は、すべて人と会う目的で本当によかった・・。北京の会社につくと、寝不足で頭は痛いわ、プロジェクトは実際にはうまくいかずトラぶっているわで、思考は停止状態。非常にしんどい一日でした。
もちろん今までお会いしたことがない人と会うのはやはり楽しいものですが、もっと楽な状態で会いたかった・・。


ちなみに昨晩飲んだRed Bullですが1時間後ぐらいから猛烈に胃が痛くなり、眠気覚ましというか内側殻殴られるような胃痛で目をばっちりと覚ましてくれました。いったい何が入っているんだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久方ぶりの徹夜でRed Bull(紅牛)を飲む

現在2時、明日は朝9時の飛行機にのって北京にいかなければならないのに、今も会社で仕事をしています。
明日リリースのサイトの最終のつめを行っているためです。

もともとこのサービスサイト、当初から短納期になることがわかっていたのですが、予想以上に難産です。これまでの歩みを考えるとここまで来たのが奇跡とすら思えるぐらいに。いや、なかなかうちの会社もやるもんだ・・と自画自賛の一つもしたくなります(そんなことではなかなか前に進めないのですが・・・・)。


普通だったらサービスインの時にはだいたい徹夜になって、オープンした後は眠い目をこすっと安定稼動を見届けて昼ごろに帰る、というのが一般的なのですが、なにせ明日は北京出張。ここで寝てしまったら飛行機を乗り過ごすこと1000%です。

ということで、中国に来てからはじめての徹夜決定。

さすがにもう若くないので、ここは薬物の力でも借りなければとてもでないですが、立ち直ることが出来そうにありません。そこで、登場がRed Bull(中国ではまんま紅牛)です!
一部の受験生、留学生に絶賛されるその毒々しさといよいよ体で受け止める時が来た!と眠いながらも、まさしく今ひそかな興奮に包まれているのです。日本でも飲んだことのないこの劇薬をついに手にする時が来た・・・。

ちなみにこのRedBullがどれくらいすごいかは、友人に紹介された現在ハーバード大学教育大学院に留学している方のブログでも詳しく触れられています。まさに劇薬。

LIFE IS EDUCATION -体育教師留学奮闘期-

で、一口飲んでみると。ん?オロナミンC?リボビダンD?Image260
あんまり刺激自体は強くないようです。

思い切って一気飲み!
・・・あんまり眠さが変わりません。


ということで、依然眠気は覚めず、ひたすらリリースを待ち続けております。こういう状態になってしまうと技術者ではない僕としてはただ待つしか出来ないんですよね。なのでこうやってblogを書いたりもできちゃったりします。

RedBullがどんな効果を体にもたらすか?これは明日以降のエントリーをお楽しみに!


・・・北京は遠いなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

飯を食うのは大切だ

昨日に日本から帰ってきて、いきなり嵐の中に投げ込まれた状態になっています。あと数ヶ月はこういった状況が続くとわかっているのですが、やはりいろいろな不測の事態にまきこまれるとしんどい・・・。

しかもこういうときに限ってプライベートで問題が多発したり、現金を引き落としにいったら頭がバカになっているため暗証番号を間違いまくりお金が引き落とせない、なぜか同僚がいきなりお休み、とマーフィーの法則を見事に発動してくれています。

で、このブログにも「今は、本当にしんどいです・・・」という内容を書こうと思ったのですが!


近くの全家(Family mart)にいってお弁当を食べたら全部すっぱり忘れました!
なんとなく前向きな気持ちになって、日本のシティバンクに電話してみたらあっさり暗証番号のロック対応してくれたり、思考がつっかかっていたところが解決できたり。

やっぱり食事をするのは本当に大切なんですね。忙しいとか食べずにやせよう・・とかそういうことはやめようとあらためて心に誓ったのでした。

そうそう日本にいった時の話は、時間が出来たら(出来るはず・・)書こうと思いま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »