« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

日本にいるメンターの方々

20代という若さでベンチャー企業の経営陣となってしまって痛感するのが、いかに大企業というのは「お手本」が多かったのかということです。前職はまあ、大企業といってしまってもよいレベルの企業だと思うのですが、3年9ヶ月という短い在籍期間の間に実に多くの『メンター』とよべる方に出会いました。以前、日本に営業に言った際にもお客様であるとあるシステム系起業のCEOの方に「若い間はメンターとなる先輩を大切にしなさい」というお言葉をいただいたのですが、日々働いていると本当にその言葉の意味をかみ締る機会が多いです。ということで、今日はそんな私にとってのメンターのお話。


月曜日には前職時代の同僚(というか先輩)と、上司と食事をしました。その上司は僕より一足早くリクルートをやめ、外資系コンサルティング会社に転職、その後現在の(それこそ誰でも知っている上場企業である)ネット企業でマネージャーをつとめています。また同僚(というか先輩。くどいですが・・)はリクルートの子会社の取締役に就任されています。

なんというか、昔の上司と会うというのはなかなかに恥ずかしいもので、こちらがそれなりに立派になった気がしていても、やっぱり最初の出会いは決定的というかどうしても「部下」という気持ちで会ってしまうものです。そういうのが別に悪いというわけではないのですが、なんというかそういうちょっと不思議な気持ちになります。

実際に会うのは転職してから会うのは実は初めてなのですが、全然そんな感じがしない。というのは時々メールをしたりしていますし、高々半年程度ではそんなに変化もないからなんでしょうね。中国にいて日々の仕事をしていると自分をとりまく環境が大きく大きく変わっているような気がするのですが、実際には高々半年。人間もそんなに大きく変わるものではありません。

で、今回も彼に前と同じよなことを指摘されたわけで。備忘録代わりにここに書いておこうと思います。

  • ・常に自分の課題はコミュニケーション能力であることを自覚しなさい。
     → これは時と場合によってはポジショントークをしたり、はったりをかましたりしなさいということなんでしょうか。。一番苦手・・というかキャラクターとして封印している部分だったりもするのですが。

  • ・ベンチャーでやっている以上、博打をしかけなさい。
     → これはうなずけるところもあります。彼が以前いた会社も今の会社も経営者の方はばくち打ちみたいな人ですからね。

  • コミュニケーション能力・・・ねえ。。昔から課題課題といわれつつもなんとなくやってきているので、それなりでもいかと思ったりもしているのですが、やっぱり改善ポイントではあるはあるんですよね。どうしても強いコミュニケーションになりがちなので(勢いがあるといって喜んでくれる方もいますが)、もう少し落ち着けってことなのでしょう。そうすると自分の持ち味がなくなってしまうような気もしますし、こればっかりは時と経験が解決してくれると信じるしかないです(もちろん意識することは大切ですが)。

    ということで、今回も上司・部下の関係の時と同じようなことを注意されたわけですが、やはり『強い』組織の中で生きている彼のいうことは一味もふた味も違います。やっぱりいいところは見習わなきゃダメですね。。。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2009年6月28日 (日)

    大人らしい大人による結婚式

    土曜日は大学院時代からの先輩(というか、友人というか・・友人といったら怒られそうだけど)の結婚式に参加。六本木のリッツカールトンという今の僕からしたら高嶺の花の式場での結婚式です。

    新郎は(誰もが知っている)外資系戦略コンサルタントにつとめているだけあり、招待客も錚々たるメンバー。投資ファンドのTOPもいれば、今をときめく(?)日本郵政の経営陣の方もいたりと、年収が非常に高そうなテーブルを形成されておりました。それにしてもそろいもそろって笑顔の時にも目が笑っていないのは困った・・・。ああいうオーラは以前講演会でお会いした、松本大さん(マネックス証券)以来ですね。近くによると切られてしまいそうです。

    新婦とお会いするのは今回の式がはじめてだったのですが、本当に美しくてびっくり・・・。正直言って新郎にはもったないと何度も式場で連発してしまいました(落ち着いて考えると大変失礼な話ですが・・・)。お互いに30歳ということで華やかな中にも非常に落ち着いた雰囲気があふれた結婚式でした。一番落ち着いていなかったのは我々が座っているテーブル。。。
    結局その日は5次会まで行き、ホテルに帰ってきたのは朝方の4時ぐらい(あんまりよく覚えていません・・)。久しぶりに会う友人が多く、ついつい遅くまで粘ってしまいました。


    新郎は今年の8月よりUCLAにMBA留学。奥様とは一年間は離れ離れだとのことです。二次会ではいつも見ていられるように(見張れるように?)とフォトフレームをプレゼントされていました。まあ、あれほど綺麗な奥様だとちょっと心配にもなるでしょうね?

    初めて出会ったのが、就職活動も終わりになるころですから2004年の春。それから5年がたち、留学・結婚・転職・起業とあの時想定したとおりに生きているのも、思いがけない人生もありますが、人生60年としてもまだまだ残り30年以上。出会うたびに驚きを与え、与えられる関係でありたいな・・と強く思いました。

    本当におめでとう!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2009年6月27日 (土)

    日本に一時帰国でトラブル続発

    土曜日に友人の結婚式に参加するために、金曜日は14時ごろに仕事を切り上げて日本に帰ってきました。僕は80年生まれということで、友人の結婚ラッシュで、日本に帰るのも今回が二回目です(毎回出張もかなてアポもたくさん入れていきます)。

    成田空港からは東京までバスで1時間以上かかるので、今回も17時上海発の飛行機のチケットを予約し、準備万端(これでも東京につくのは日本時間で23時ぐらいになります)!のはずは、大雨により出発が遅れるとの機内放送が・・。この前北京に出張の時にも天気が悪くて3時間以上飛行機の中で待たされましたし、どうやらこのごろ飛行機運がすくぶる悪いようです。。

    結局中国時間の19時前には無事に飛行機も飛んだのですが、すでにここだけで2時間のロス・・・。今回はなぜか前に席がない扉のすぐそばの席だったため、熟睡して出発をまっていただけだったのですが、それでも精神的には結構つらい。


    なんとか22時過ぎには無事に日本についたので、急いで荷物をピックアップしホテルへGo!と思ったところ、今度は荷物が出てこない・・・。不安になって確認したところ全ての荷物はすでに搬送済みということで、lost baggage扱いになりました・・・・。
    結婚式参加のために帰ってきているので、スーツやらワイシャツやらすべて荷物のなかに入っているのに、すべてパー・・・。

    『お客様、ピックアップの間違いということもございますので・・』と慰めてくれるのですが、大きさ・色共におんなじようなものは一個もないのです。その上、バスが出発するから早く乗れ~とせかされる。僕がそんなに悪いlことをしたのでしょうか・・、と思いつつも空港ロビーで交渉をします(荷物がない場合、保障はどうなるのかを確認していたんですね。こういうとき中国系はちゃんと確認が必要なのです。ちなみに今回乗ったのはMU)。

    ああ、もう明日は朝一で買い物にいかねば・・と覚悟を決めていたそのとき、JALのレシーバーから、
    『荷物を間違えてピックアップされたお客様が戻ってきました!』
    との報告!・・・・でも、同じ色のないんですけど。

    と、厭世的な気分になりつつレシーバーでの会話を引き続き聞いていると、なんと名前はYABEさん!つまり僕!や~交渉しないでバスに乗ってしまったら荷物をピックアップできなかった、やっぱりやるべきことはやっておくものだ!と勝手に自画自賛をして荷物を受け取りに行きました。
    結局僕の荷物をまちがってもっていったのは、日本人のおばあちゃん。正直いって全然色も形も違う荷物を持っていっていました、頼むよおばあちゃん。


    なんとか無事に荷物をピックアップし、遅れに遅れたバスに乗り、ようやくホテルについたのは結局1時過ぎ。中国側のサーバーからゆっくりゆっくりメールをDLし終わったのが、2時過ぎ。返さなければならないメールの多さに唖然としつつも、さすがに今日はお休みを・・ということで、この投稿が終わったら即効で睡眠です。。

    荷物があって本当によかった・・・(実際には遅れてついているので、コスト増なんですが、一回ズドンと落ち込んだので、なぜか幸せな気持ちで眠ることができそうです)。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2009年6月25日 (木)

    中国からGoogle.co.jpにつながらない

    つい一週間前から、中国政府がGoogleに対して『ポルノ検索を停止するように指示』という記事がありました。

    中国政府、Googleを「ポルノばら撒きに荷担」と非難(マイコミジャーナル)

    その影響なのかはわかりませんが、現在上海からGoogle.co.jpに接続できない状況になっています。Google.cnには接続できるので、意味不明もいいところなのですが、正直に言って非常に困る。
    スケジュール管理などは会社のミドルウェアでも出来るのですが、タスク管理・メール・RSSの管理などは全てiGoogleでやっているので仕事にも私生活にも支障が出ています・・・。

    以前にはyahoo!アドレスが使えなくなったりと時々中国ではこういうことがあるので、仕方がないといえば仕方がないのですが、早めに回復することを祈っています。中国に住んでいてほとんど不便を感じることはないのですが、さすがにこういうのは困りますね、、、。

    (追記)
    いろいろ試してみたのですが、どうやらGoogle.cn(中国政府のコントロールが効くもの)以外の全てのGoogleへの接続をSTOPしているようです。

    (再追記)
    既に二週間ぐらい前から記事としては取り上げられているようです。

    国境なき記者団:グーグル検閲強化、接続不能相次ぐ(Searchina)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    前職と会うと感じる悲喜こもごも

    本日は20時より、前職のリクルートの方とお食事。
    中国ではリクルートは結婚事業(ZEXY)、クーポン事業(Hotpepper)、人材事業の3つを展開しているが、今日は人材事業の上海責任者のお二人にお時間をいただきました。しかも、食事までごちそうになり・・・。


    転職を決めてからもうすぐ6ヶ月。前職の人と会うといろいろな感情が渦巻いて、正直冷静に話をすることが出来ず、ご迷惑をかけていると思うことが多々あるのかな・・と思います。一方、自分の今の会社のいいところも見えてきて、勝手な自己満足で喜びに浸る時間でもありました。。


    【新ためて気づいた良いところ】
    ぶっちゃけていっちゃうと、今の僕の会社は結構いい組織にしあがってきたな・・・と思います。前職と話すということでどうしてもいい話ばかりしてしまうのだろうけど、やっぱり今は僕がいる今の会社が好きになってる。そんなことがわかるだけでも転職してよかったな・・と思うし、転職したことに後悔しないでいられる。そんないい時間を持つことが出いました。


    【やっぱりの反省点】
    中小の悲しさか、人が休むと大ダメージ。そして、どうしても無理をさせてしまう。
    今、僕のメンバーの一人がちょっと体調が悪く、早く帰りがちなのです(僕としてもそんな時には早く帰ってほしいとは思うのですが・・・)。
    体調は原則論としては個人で管理すべき問題だとは思うし、それぞれの状況・体内バランス・耐久力によって結果は大きくことなるものなので一義的には会社の責任ではないかもしれないけれど、やはり上司としては責任を感じる。・・・というか、本当の話、彼女が(メンバーは時々僕のblogに出てくる女性です)いないと、本当に困る。これまでの数ヶ月を考えても、彼女が一番成長しているし、いなければ今とはまったく違う会社になってしまったのではないか・・・と恐ろしくもある。

    一方で、その重要性ゆえに、存在感ゆえに甘えてしまっているのではないか・・と反省しなければならないと思う。どうか早く帰ってきてほしい・・と思いながらも、自分のせいで追い込んでしまったのではないかという反省、そしてゆっくり休んで欲しいという願いもあり、正直、微妙すぎてうまく言葉に出来ない。
    天からの目のようにもう少しコントロールできればよかったのに・・・と強く自戒。


    【愛した彼女との別れのごとくの転職】
    ってわけでもない転職でしたが、やはり前職の方と話すと、いかにリクルートがいい会社であったかと強く思う(個人的には好悪があい混じりますが・・・)。その能力、その責任感をもっとオープンに出来たらもっともっと中国で戦えるのに・と思いつつも、それもまた一つの企業戦略なのでしょうか。出来る限りの応援はしたいし、もっとうちの会社を応援してください。。。


    前職との食事は、悲喜こもごも。昔を思い出して今がいいと思うか、今と比較して昔をうらやむか。答えはこの流れの速い中国が決めてくれるのでしょう。
    さて、明日は週末だし、締めとしてがんばりましょう。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2009年6月23日 (火)

    Sustainableな生活をしたいとは願えど -無事に生きております-

    気が付けば前回のエントリーからあっという間に一ヶ月。今月もよく働いていた・・・とちょっとだけ自画自賛したい気分です。本当は、もっとこのblogも更新したいと思っているのです。ただ、出張があったりするとどうしてもホテルにつくとパタッと倒れてしまうし、昼はお客様と会うためにでずっぱりで、返ってくるとメールの山、山。。。結局その処理に追われているうちに一日が終わってしまったりするんですよね。

    そんなこの一ヶ月間に、結構いろいろな方から、
    生きてる?
    という問合せやら、メールやら、電話やらをいただきました。

    どうやら思ったよりも多くの方がこのblogを僕の『生存証明』(アリバイみたいなもの?)として定期的に見ていただけているようです。確かに、距離があるし、こういう連絡がないと生きてるか死んでるかもわかりませんものね・・・。(今回一番驚いたのは妹がこのblogを読んでいたということ。いや、迂闊なことがかけなくなったもんだ・・)


    先日お客様にも『そんなに忙しくしてると、仕事におわれちゃって、仕事を終えなくなっちゃうよ』とアドバイスをいただきました。確かに、この一ヶ月は前とは違った方向性で仕事に追われたいた感じがします。とにかくたくさんのお客様にお会いし、いろいろな引き合いをいただき、必死にそれにお答えさせていただいた・・そんな毎日でした。おかげで受注金額もかなりの勢いで回復をし、一時の不安感は会社からなくなりつつあります。やはり仕事が順調にあるってことは精神的にもいいものですね。


    あとは、この会社の状態をいかに維持できるか、そして自分の生活をsustainableなものに出来るか・・・。もうすぐ中国式で30歳になる自分としては、高速度での安定走行をもう少し意識せねば・・と思う今日この頃です。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »