« 第34週目終了! - Chinaとはどういう位置づけなのか? を学ぼう- | トップページ | お詫び(現在多忙につき・・) »

2012年4月 8日 (日)

第35週目終了! - 久しぶりにトラブルに巻き込まれる-

(この記事は3週間ほどバックデートして書いております・・滅茶苦茶Term2の最後は忙しかったので・・)
今週はTerm2の最終テスト前の一週間ということで、Study weekに当てられている。僕を含めたほとんどの学生にとっては、これまでほとんど開くことの無かった教科書を開く貴重な瞬間である※1。先のTerm1とは違って今回のチームメートとは結局アツい友情を築くことがなかった(出来なかった)ので、今回はある程度一人で勉強する時間があった。いよいよテスト直後にせまったJapan Tripの最後の詰めをユルユルとしつつ、全くこれまで謎だったManagerial Account (管理会計)の勉強を一気に進めた、そんなMBA生活35週目も無事に終了である。



■ クレジットカードがATMに吸い込まれるトラブル ■

勉強は普通に進める・・ということで問題はないものの、さすがに毎日図書館にいると飽きるので今週は後述するスマホを買うために古北まで行ってきたのだが、そこで久しぶりにトラブルに巻き込まれた。
中国では外国で発行されたカードを利用すると3~5%の手数料をとられるので(もしかしたらとられないカードもあるかもしれないが、今の所だいたいの国で発行されたVISAは取られている)、現金をキャッシングして買い物をするのが一番効率的である。

今回も携帯を購入するということで、現金をキャッシングしようとしたのだが、どうもいくつかのATMでは読み込んでくれない。結局流れに流れて古北にある建設銀行のATMまでたどり着いたのだが、カードを入れた瞬間にエラーが発生して、カードが出てこなくなってしまった!海外に住んでいるということも有りカードの再発行はやたら時間がかかるし、もし再度収入証明書を提出しろとなったらそれこそ一大事(なにせ現在の身分は学生)なので、焦りに焦った。


まずATMにくっついている緊急呼び出しボタンを押したものの警備員につながるだけで、カスタマーセンターに電話しろとの一点張り。中国語は話せるものの、PUSHボタンで案内を追って行くタイプのカスタマーサービスはかなり手間取るので、さてどうしたものか・・と思っていると、早速ATMに来た人がいるので、中国語で助けを求める。
さすが古北・・というべきか幸運にも英語も話せる中国人だったので、事情を説明してカスタマーセンターの担当者に電話をかけてもらう。・・・が、イマイチ要領を得ないようで「口座を閉じて3日以内に銀行に来い」とばかり言う。いや、クレジットカードで外国発行のものなんだって。

この時点ですでにかなり相手の話の理解しなさっぷりに怒りが込み上げていたので、「切れたように見えるけど全然落ち着いている」状態で、急いでいるので一刻も早くATMからカードを引き抜きたい旨を伝えると、すでに支店が閉まっているので担当者を探すまで15分間待ってほしいとの話。これは致し方ないので15分間、ATMの中でぼーっと時間をつぶすはめになる(この時点で助けてくださった方は去って行った。名前もわからぬが、本当にありがとう)。


15分後になぜか担当者が変更になり再度の電話を受けるが、なぜかこの段階で最初と同じ説明をしだしたので、今回は本気でキレた。英語で会話できる担当者ということで、こちらも英語で話していたのだが口からfxxxワードが矢のように飛び出る。いや~こんなに英語でキレることが出来るのか、と思うぐらい罵詈雑言を浴びせているとようやく相手もやる気になったようで、次の日の朝にくれば確実にカードを回収できると言い出した※2。中国ではこういう「カスタマーセンターから現場に伝えておきます」系の対応は、全く信用できないので担当者の受付番号を聞き出して、その日はいったん引き下がった。

次の日に支店開店と同時にカードを取りにいったのだが、なんと同じようなめにあった外国人が僕を入れて4人も。話を聞いてみると「読み取れないカードを入れると自動で取り出せなくなる仕様なんです」とヌケヌケと言い放っていた。いや、それ仕様じゃなくて明らかなバグでしょ。ちなみにATMにはHITACHIのロゴがついていたのだが、HITACHI製品にこういう仕様があるのか、納品後に違うベンダーがプログラムを作っているのかは不明。何となく後者だと信じたいのだが、前者だったらどうしよう。


何とか今回は無事に回収することが出来たが、次回からも出来るとは限らないので、カード挿入式ではなくスロット式(一部だけ入れるので、いつでもカードは引き抜ける)のものを使おうと心に誓ったのであった。



■ ようやくスマホ購入 ■

さてそういうトラブルはあったものの、何とか無事にお金を引き落とし携帯を買うことが出来たのであった(あまりに起こっていたので、どうやってお金を払ったか覚えてない・・が、たぶん日曜日にお金を払ったんだろう・・)。あまり予算が豊富にあるわけでもないので、ソニエリとHTCで悩んだあげく、最終的にschoolに講義にきていただいてからすこぶる印象のいいHTC製の商品を購入※3

今までは中国移動の携帯を使っていたのだが、3Gにするにあたってはパケット二段階制のある联通(ユニコム)のものを購入。どうせプリベイド型なので二台持ちでも全然困らないのである。ちなみにわざわざ古北まで行ったのは、水城路のユニコムは日本語が通じるということをどこかで見たことがあったから。ただ、結局一度も日本語を使うチャンスはなかったので、何のために・・・という気がしないでもないが、Shimejiを入れてくれて全部日本語にしてくれたのでまあ交通費ぐらいは取り返せただろう。


ようやくスマホを購入することが出来たので、とりあえずWhatsappとWeixinを入れて、クラスメイトとの連絡を一気を効率化することが出来た。VPNをまだ設定していないので、FBやらTwitterはできないのだが、まあ学内にいる限りはPCを使っているのであまり問題ないし、なにも外からTwitterをしようとも余り思わない。・・というか、おかげでようやく微博のつぶやきも増えそうである。

今更感満載だが、スマホを手に入れて俄然生活も楽になった勢いを生かしてテストも無事に乗り切りたい・・(別にテスト中に使えるわけではないので、そんなことは全然ない)。


※1・・・授業はschool側が準備するコースパックと呼ばれる記事とケースが一体化した冊子を使う。これを読むだけでそこそこの量になってしまうので、とても教科書まで読む時間はないというのが正直なところ。
※2・・・怒りすぎてATMを思いっきりぶん殴りそうになったが、ここでATMを壊したら本物の犯罪者になってしまうので、(文字通り)じたんだを踏みながら電話した。
※3・・・台湾人親友と同じ機種になってしまい、使い方を教わることが出来たので賢い選択だった。「俺たち、やっぱり仲がいいな~」と喜んでいたのだが、こういう喜び方って日本だとゲイだと思われるんじゃないか?

|

« 第34週目終了! - Chinaとはどういう位置づけなのか? を学ぼう- | トップページ | お詫び(現在多忙につき・・) »

MBA」カテゴリの記事

Off」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56852/54546146

この記事へのトラックバック一覧です: 第35週目終了! - 久しぶりにトラブルに巻き込まれる- :

« 第34週目終了! - Chinaとはどういう位置づけなのか? を学ぼう- | トップページ | お詫び(現在多忙につき・・) »