« [告知]中国トップMBA説明会開催@上海 | トップページ | [ご報告]卒業後の進路について  »

2013年1月13日 (日)

第75週目終了! -MBAの終わりと、 幕合いにむけて-

予想通り最終授業のダメージは体に残っていたらしく、授業終了後に1日おいてから3日間ほどしっかりと寝込んでしまった。絶対に風邪をひくだろう・・と予想していて、その通りに風邪をひくというのはある意味うれしいような気がするのだが(リスクが予見できているという意味において)、今回は眩暈も合わさってかなり体調としてはしんどかった。授業は既に終了しており特にやることがないため、ゆっくりと体調を回復する時間があったのが幸運だったが、もし授業があったらかなりシンドイたちあがりになったと思う。
ということで、ついにMBA生活が全て終了した第75週目も無事に終了。


■ 最後の学年Party ■

うちのschoolの後半はこれまでも触れてきたように選択授業制になっている。学生は選択授業としては18単位を取得するか、交換留学で相当単位数を取得すれば無事に卒業資格を得ることが出来る※1。選択授業はいちおう2月末のTerm6まであるが、過半数の学生は年末までに単位を取得し終わってしまっているので、学年全体で集まる機会というのは最後の集中授業で終わりということになる。

こういう場がある・・となると、当然企画されるのがパーティーである。MBAというのはある意味、いい年をしたお金を持った大人が学生気分で時間を過ごせる最後の期間ということで、どこのschoolでもパーティーは非常に多いのだが、特にうちのschool(というか学年)は「パーティーを開きたい」人間が非常に多かったため、ほぼ毎月何かしらのイベントが行われていた※2。その学年の最後となるイベントなわけで、当然規模・気合ともに最大級の準備が行われたのであった。


まず卒業に向けては"Year book committee"という組織が非公式に作られ、昨年の5月くらいから学生による卒業アルバム製作が開始された。この委員会、実質的には学生委員会+台湾人グループ+香港人グループという組織構成になっているのだが、その中の二名がかなり本格的に写真に取り組んでくれたこともあり、想像以上に豪華なYear bookが出来あがった。掛け値なしに一生ものの宝物である。

この組織の台湾グループと僕は結構仲がよくて、話を聞くことがあったのが、一番気合を入れて作成してくれたメンバーは数100時間をこのアルバムに投入してくれたらしい。既に結婚と台湾帰国が決まっていて比較的時間的な余裕があったとはいえ、それほどの時間をMBA期間中に投入するのは大変だったと思う、しかも実質無料。本当に感謝感謝である。

20130108_190139

当日のパーティーも過去最大級のものを目指すということで、場所は上海森ビル内にある グランドハイアットのパーティー会場で行われた。極限まで予算を絞り込んだ結果、料理はコースなのに4品しか出てこないということになってしまったが、MBA Officeのメンバーも参加して手作りの素晴らしい会になったと思う。

会の流れ自体はごく普通にこれまでの振り返り写真やビデオ20130108_213604
を見たり、実行委員会への感 謝を述べる・・みたいなものだったのだが、さすがに欧米系の人間が多いだけあるな・・と思ったのは、会の後半はDJが入ってクラブのようになってしまったこと。200人からの学生がいるのに、よくこんなに酔っぱらうことが出来るな~と思うような級友たちも何人かいて、大変に盛り上がったのであった。元気があるメンバーはその後外灘にあるクラブに出かけたようだったが、すっかり体調を崩していた自分は会の終了とともに、早々に退散したのであった。


うちのschoolは卒業式がかなり先(4月末)に設定されているのだが、必ずしも全員出席が求められるわけではないので、単位取得が終われば各学生は自由に帰国日程を決定することが出来る。会社派遣のメンバーはすぐに元の会社に戻るし、自国で就職活動をする人間もそんなに長く上海にいるわけではない。となると、この会が「人生で級友に会う最後のチャンス」になる人間もそれなりにいるわけで、特に女性陣はしっかりと気合の入った格好で参加していた。いったいどこでそういう服を買うのでしょうか・・と思うような服もあったり、いつもとあまりに違っていて誰だかわからない人間がいたりと、こういう時の気合の入りっぷりは日本の結婚式への参加といったレベルをはるかに超えているように思う※3。あの気合をもう少し他のところに使えばいいのに・・とさえない自分などは思ってしまうのであった。


もうひとつ驚いたのが、なんとうちの学年は学生内結婚だけで4組もゴールインをしたのであった。全体学生に締める女性が30%で、だいたい既婚率も30%ぐらいだったはずなので、単純に考えるとうちの学年でシングルだった女性は40人ぐらい。その中の4人が学内で結婚するというのは結構確率が高い(10%)ような気がする。MBAと高給とさらに伴侶まで手に入れることが出来るということでCEIBSへの投資は十分にペイするのではないだろうか・・・。

また、自分も含めて学生期間の間に結婚をした人間は上記4組を除いて5人いるということで、これまた結構多いような気がする。日本人の場合MBA留学前に結婚する人は結構多いが、MBA期間中に結婚する人間はそれほど多くないが「次にどこで働くかわからないので結婚しておく」というのは人生設計としては決して間違っていないと思っている(自分もそういうことは考えたし)。


■ いったんの幕引き ■

僕のMBA生活もこのように最後のパーティーを持って無事に終了したのだが(正式には最後の集中授業の成績が確定して終了となる)、このblogについてもいったん「第○○週」という形での報告は終わりにしようと思っている。理由としては、もうMBA生活として毎週のイベントと言うのは本当になくなってしまったし、3月からは日本で新しい生活が始まることが正式に確定したからである(次のエントリーでちょっとそのご報告をします)。

これまで度々遅れたにも関わらず、とりあえず毎週ごとにMBA生活で起こったことの報告や考えていることを書き続けることが出来てきてそれなりに満足している。また、時々見に来てはダラダラとした駄文にお付き合いをいただけた方には本当に感謝してもしきれないくらいで、FBで感想をいただいたり、たまにblogを見ています・・・と言っていただける方の言葉が大きな励みになっておりました。


このblogはもともと中国生活について備忘録的に書く・・という形でスタートしており、MBA入学前からも続いていたので、今後もタイトルはちょろっと変更した上で引き続き更新は続けていこうと思う。しばらくはMBA関連の記事を書こうと思っているが、日本に戻った後は、中国やアジア関連のことについて勉強したことや考えたことを記憶に残すためのツールのような位置づけにしていこうと思う。

次に働く会社規定にもよるのだけど、あまり情報を積極的にかけるような職種でも会社でもないので、仕事関連の話はほとんどなく、これまでよりもさらにダラダラとした内容になることは確実なので、今後ももしそういった話に興味をもたれる方がいらっしゃるようであれば時々お越しいただければ大変うれしいです。とりあえずいったんの幕引きということで、これまで75週間本当にありがとうございました。



※1・・・自分が大学生の時と違って『卒業必要単位数以上』の単位を取得することは出来ないようになっている。ただ、単位取得終了後はauditというかたちで数授業なら参加することが認められている。
※2・・・結構真剣にうちのschoolは「Best Party school in Asia」を目指してもいいのではないかと思う・・・・。
※3・・・僕は前々職が広告系ということで、結婚式は大層華やかな女性陣が集まるのだが、それでもうちのschoolの気合の入りっぷりはすごかった。

|

« [告知]中国トップMBA説明会開催@上海 | トップページ | [ご報告]卒業後の進路について  »

MBA」カテゴリの記事

Off」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56852/56596557

この記事へのトラックバック一覧です: 第75週目終了! -MBAの終わりと、 幕合いにむけて-:

« [告知]中国トップMBA説明会開催@上海 | トップページ | [ご報告]卒業後の進路について  »