« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

2014年1月12日 (日)

近頃見た中華圏の警察映画 - 寒戦(コールド・ウォー)&毒戦(ドラッグ・ウォー)-

中国にいるころは、いつでも中国映画を見ることが出来る状況だったのに自分の志向がもっぱら武俠映画にむいていたため他ジャンルの映画を見ることはほとんどなかったのだが、日本に帰ってきてからは主に単館でやっているような中華圏の映画をよく見ている。「中華圏の映画」というのは、大陸・香港・台湾の映画全部を含んでいると言うことで、同じように中国語を話すといってもやはり手触りと言うのはかなり違っている※1

中華圏の映画で日本でもヒットしたな〜というのをすぐに思い出すのは難しいのだが(すごい前になってしまがインファナル・アフェアとかだろうか・・・しかも自分は見ていない・・)、面白い映画も多いしせっかくなので、自分が見た映画は寸評つきで紹介しておこうと思う。


■ 寒戦 (Cold War) 日本題:コールド・ウォー 香港警察 二つの正義

ある晩、香港最大の繁華街・モンコックで爆破事件が起こり、園直に5人の警官が車両ごと消える事件が発生した。海外出張中の香港警察長官に変わって、操作の指揮を執るのは「行動班」を率いる副長官・リー。車両の中に一人息子・ジョーがいると知った彼は、香港警察のプライドを懸け、各組織の人員を総動員した前代未聞の人質救出作戦=「コードネーム:コールド・ウォー(寒戦)」を遂行する。たが、「保安管理班」を率いる副長官・ラウは、非常事態レベルをあげるリーの公私混同とも取れる操作方法に疑問を持ち、時期長観光である両者は激しく対立する・・(公式HPより)


これは僕がまだ上海にいたころから話題になっていた映画で、実際に上映がされると香港の映画賞を総なめしたサスペンス映画。主役の二人はわかりやすく「現場組」と「管理側」をそれぞれ警察内で率いる二人。ある事件が起こりその捜査方針を巡って対立が起こり・・・というありがちな話で映画は始まり、そのまま最後までひっぱるのかと思いきやそうはいかず、話は少しずつ警察内部の腐敗の話に移って行く。

とにかくテンポが良く見ていて全然飽きさせない。上記したように途中でありがちな警察ものから謎解き映画のようになっていくところで、俄然話が盛り上がり始め、最後は一気にアクションで畳み掛ける。ゲロのシーンもあって、まさしく香港映画の王道である。

主人公を演じるアーロン・クオック(郭富城)は「よく見るけど、すごいヒット作といわれると・・」という位置づけだったのだが、この映画のヒットでようやく代表作を手に入れたよ、と自分でも言うほどの熱演を見せる。何となく表情が踊る大捜査線のギバちゃんに似ているのは、やっぱり警察で管理側はああいう顔になるイメージなんだろうか。

こういう終わり方だと続編もにらんでるのかな・・と思う終わり方だったのが、予想通り今年に続編の撮影を行うとのことで、その後もしっかり描かれる予定。全編広東語の中で、台湾から参加のエディ・ポン(彭于晏)だけ吹き替えなのがちょっと残念(のわりには重要な役を与えられている)。友情出演でアンディ・ラウ(刘德华)大兄も顔見せしてくれる。


■ 毒戦 (Drug War) 日本題:ドラッグ・ウォー


爆発事故があったコカイン製造工場から車で逃亡した後、衝突事故を起こし、病院に担ぎ込まれた香港出身の男・テンミン。中国公安警察の麻薬捜査官・ジャン警部は、彼が麻薬取引に大きく関わっていると察し、死刑と引き換えに捜査協力を要請する。かくして、テンミンはジャン率いる捜査チームとともに、黒社会の大物相手に架空取引を仕掛けることになる。だが、その極秘潜入捜査によって、中国全土だけでなく、香港・韓国・日本をも巻き込んだアジア麻薬シンジケートの存在が明らかになる…。(公式HPより


こちらは香港ノワールを代表するジョニー・トー監督が大陸で撮影した警察映画(※2)。事前に見た映画評では「香港とは大陸では勝手が違うようで、持ち味が十分に生きていない」と書かれていたが、初めて見る自分には大陸人には撮ることが出来ない「大陸のノワール」ということで大変楽しむことが出来た。

何が大陸っぽい・・というと、とにかく空が汚い。おそらく色調もそのように調整しているのだろうけど、常に重苦しい雰囲気が漂っているし、結末に向けて陰鬱な感じが最初から漂っている(天津で撮影をしたはずなんだが、僕の知っている天津と全然イメージが違っていた)。

また監督が意図しているかどうかはわからないが、冒頭の麻薬運び屋を捕まえるシーンと、麻薬製造工場の話は大陸にいた人間としては、痛みを感じるシーンであることは間違いない。あそこにいた外人であれば裏側に見える生活の辛さが頭をよぎることだろう。


香港映画というのは日本から見ると「汚い」シーンがあるのだが、この映画はとにかく「痛くて汚い」シーンのオンパレードである。当然ゲロもあれば、排泄物のシーンもある。敵味方入り乱れて血飛沫が飛びまくるし、銃の音が乾いていて見ている間はずーっと緊張のしっぱなしだった。

ハリウッド映画だったらこういう終わり方はしないだろうな・・という感じで、半分以上はご都合主義の終わり方をするのだが、香港ノワールを楽しむという意味では大変満足できる一本。



※1・・・香港映画は広東語を話すので正確には違う言語を話している。
※2・・・といいつつ、この監督の映画を見るのは始めただったりする。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

[書評] 中国を学ぶためにこんな本を読んでみた1 -中国共産党の経済政策 & マオ・キッズ-

中国にいたのに中国のことはあまり知らない・・という人は結構多いと思う。ここでいう知らないというのは、もちろん自分の周りについてではなくて、中国の歴史・経済・制度・文化といったいわば「教科書で学ぶことが出来る知識」を知らないという意味だ。

こう書くと「やっぱり中国にいるぐらいだから、中国に興味があったんじゃないですか?」という質問をされることが多い。確かに音楽が好き・・とか、中国はビジネスの場として昔から注目していた・・・という人もそれなりにいるのだが、実際には駐在で向こうに行ったりする人の多くは「なんとなく中国に来てしまった」という人が多い※1。実際に赴任するまで知っているのは三国志だけでした、という人も中にはいるくらいだ(というか、自分が実際にそれに近かった)。


僕自身もそういう人間だったので、帰ってきてからは真面目に中国を勉強しようと心に誓って帰ってきたのだが、なんだか色々あってちっとも実際に勧めることが出来なかった。とはいえ帰国二年目にして、このごろようやくその時間をとれるようになってきたのも事実なので、数カ月前に一念発起して読んだ本をWEB上のサービスであるブクログで管理を始めた(ここが僕の本棚)。
すでに歴史については第一回を先日書いたのだが、これからは出来る限り中国に関しても同じように書いていこう、ということで今回から自分が読んだ中国関係の本を少しずつ紹介していこうと思う。乱読だが、とりあえず中国関係であればオッケーぐらいのスタンスなので、つまらない本に関しても紹介はするのですが。


■ 中国共産党の経済政策 ■

2013年から始まった中国の習近平・李克強指導において中国経済がどのようになっ
ていくか、 31syr7dfcwl_sl500_aa300_ あるいは日 本(企業)がそのマーケットにおいてどのように戦っていくか、を論じた本。

上記のような問題意識のもとに書かれたのであろうことは容易に想像できるのだが、内容は表題からうける印象とは異なり、特に前半は中国における政治経済体制 の入門編と言う感じである。中国の政治体制がどのようになっているか、その政治体制が経済に対してどのように影響を与えているか・・という点から、いわゆ る西欧諸国との経済政策の違いを論じている。

後半は18大以前からの中国の経済問題を提示したうえで、今後の経済体制がどのようになるの かという予想も含めて論じている。後半は実際に中国に赴任経験がある著者の本領発揮というところだが、一方で中国経済にそれなりに興味をもって接している 人間からすると、ほとんどの内容が既知であるように感じる(少なくとも僕はそうだった)。著者の業務の関係上書けないこともあるとは思うし、新書という形 から専門的すぎる内容はかけないところもあるので、仕方ないとはおもうがこの点で評価がちょっと下がる。


中国経済に既に触れている人間には物足りない内容だと思うが、これからかの国について勉強したい、あるいはニュースの背景を知りたいと思う人にはお勧め(僕の評価は★3つ)。

中国は日本の近くにあるし歴史的な問題を抱えているために、どうしても見る目がPositive・Negativeのどちらかに触れてしまうことが多いのだが、客観的に見れば国としての経済レベルが第二位にある国がビジネスとして対象にならないわけがない(ようはすごく大きいマーケットだということ)。

確かに政治も経済も、国の運営制度も異なるので簡単に入るということが出来ないのは事実だけど、それでも目をそらすわけにはいかない・・ということを前提とすれば、やっぱり基本的なことを勉強するというのは重要だよね、ということでこういった本からスタートするというのは決して悪くはないと思います。


■ マオ・キッズ ■

死後30年以上たっても未だに現代中国の意思決定に影響を与える存在であり、
51luftjowl_sl500_aa300_ 現代中国建国の父(といってもいいと思う)である毛沢東。彼の建国思想は
マオイズムという形で、革命の思想的根拠として世界 中に広まっていった。

本 書はそのマオイズムが未だに生きている場所である、ネパール・フィリピン・カンボジア、そして日本を著者が実際に訪れ、話を聞くなかで感じたことをまとめ たルポルタージュである。革命思想を体現するのはいつの時代でも若者であり、マオの思想を引き継いでいるものといういみで、マオ・キッズ達の物語でもあ る。

中国に長く住んでいた自分にとっては、毛沢東というのは一つの政治的・文化的象徴(あるいはアイコン)であり、実際にいまだにマオイ ズムが現役であるというところのまず驚きを覚える。世界中にはまだまだ貧しい国があり、革命(というか反政府)の動きがある国もあれば、内戦が続いている 国もたくさんあるが、純粋な意味でマオイズムが生き残っているというのは(こういってはおかしいが)時代錯誤で非常に奇妙な感じだ。なにせ、マオイズムが 産まれた中国ですら既に共産主義も毛沢東思想は捨てられてしまっているのだから。

ただ、そういった非常に興味深い内容を取り上げているに も関わらず、著者の視点は常に外にある。もちろん現場に行って話を聞き、実際にマオイストたちがいる根拠地にもいくのだが、それでもそこでは常に淡々と話 を聞き、そこはかとないやるせなさを漂わせる文章を書くだけである。そういった姿勢は、僕にはそこにある「問題」(あるいは原因)に興味があるのではな く、ただ僕が感じる奇妙さと同根のものを見続けたい、という純粋な好奇心によるものだと感じられた(特に最終章を読んでその意を強くした)。

同じように先進国にいる自分、特に中国生活を終えて帰ってきた自分がなんとなく「逃げてきたのではないのか」と思ってしまうような自分、にはそういった好奇心が、先進国の残酷さではないかと感じられてしまい、率直にいえば好きではない。
テーマは面白いのに著者のスタンスと、掘り下げ不足が不満ということで★3つ。

マオイズムというのは不思議な思想である。思想的にどのような点が特徴的であるのか、ということを抜きにしても、最も不思議なのは毛沢東自身も恐らくマオイズム等と言うのは信じていなかったであろう・・というのが何よりも不思議な点だ。言い換えれば、共産主義とは違ってマオイズムというのは「毛を見た他人が(勝手に)解釈した」思想なのだ。

カンボジアに行った時には、その不思議な思想が引き起こした惨事(あるいは愚行)でも最大のものの一つであると思われる、クメール・ルージュのキリング・フィールドに行ってきた。その時の感想はここにも書いてあるのだが、やりきれない想い・・というか、もっとはっきり言えば人はここまで愚かしいことが出来るのか、というある種のこっけいさを感じた(もちろん悲劇なのだが、なぜそういった行動が出来るのか・・というのがシステムとしてどうしても許容不可能だった)。

そういった悲劇を引き起こしたマオイズムが未だに残っており、しかも現在でも活動を続けているというのは、未だにそういうことを引き起こすメカニズムが解決されずに残っているということに他ならない。


中国で働きそしてMBAで学ぼうと思ったことの大きな理由の一つが、こういったメカニズムを買える力がビジネスにはあると感じられたことだというのを読んでいてあらためて思い出した。本書にもあるとおり、革命というのは例えそれが成就しても、結局はおいしいところを持っていくのは「上の人間」であり、一般の生活レベルはなかなか上がらない※2
であればこそ、政治ではなくビジネスを広めることで働きかけを行うべき・・・そんな風に考えていたことをあらためて思い出した、そんな一冊。


※1・・・僕のMBAの同級生は中国文化にはあまり興味はないが、中国ビジネスは面白いとおもって10年近く中国語を勉強していた、というツワモノである。自分だったらとても根気が続かない。。。
※2・・・中国も最初の数年間を除いて、生活レベルがあがったのは改革開放が始まってからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

Happy New Year 2014

気が付いたら日本に戻ってきて10カ月がたち、2013年も過ぎ去ってしまった。
ということで、2014年、あけましておめでとうごいざます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年は元日のご挨拶で結婚の報告をしたのだけど、それに比べれば今年は特別なニュースはないですが、毎年こういったご挨拶を書いているので、2014年もまずは2013年の振り返りをしてみようと思う。



■全体的には・・■

2013年1月1日のエントリーでは「2013年はその動いたことを一つ一つ固めていき、これからの長い人生を過ごす上での新しい基盤を作る年にしたいと思っています」と書いたのだが、実際は基盤をかためるどころかオーバーホールの一年になってしまった。
まず前半は卒業・帰国(引越し)・就職・結婚という人生の一大事が一気に襲ってくるイベント起こりまくりの半年で、あえなく体がダウン。仕事は普通にしていたものの、とにかく最初の数カ月は体がだるくてなかなかエンジンがかからなかった。背中の痛みの影響であると気がついたのが3月末で、それから理学療法士にかかって3カ月ほどはリハビリの毎日。結局体が戻ってきたな~と実感できたのは、8月中旬の夏休みになったころだった。

後半もその影響があるのかないのか、あるいは5年半の中国生活での疲労が少しずつ噴き出したのか、とにかくよく高熱を出していた。結婚をして明らかに食生活も生活リズムも改善し、おまけに生活がしやすい日本に戻ってきたのにこういう状態になるというのは、やはり何かしらデトックス期間が必要だったということなのだろう(・・・と自分を納得させている)。この流れは結局最後まで変わらず12月31日(つまり一昨日)の年末までウイルス性胃腸炎で寝込む羽目になった。



■ 体調面&生活面 ■

体調面といえば、もうひとつ結婚生活(正確にいえば2012年9月~2月の中国での同居生活)で一気に増えてしまった体重も悩みの種だった。人生最重期間となってしまったせいか、運動してもなかなか落ちず(というか、運動するのもおっくうなくらい太った)、食事改善から初めて、ようやく1年かけて元に戻すことが出来た(こっちの面からはウイルス性胃腸炎万歳)。

体調面とあわせて生活面を振り返ってみれば、結婚生活一年目(いわゆる新婚生活というやつだ・・・)は二人で気兼ねなく、気楽に生活することが出来たな~とこればかりは妻に感謝するばかりである。結婚を決めた際には、二人の役割分担についてはあまり考えなかったのだが、結果として家のことはほとんど妻に任せきり・・という典型的な駄目夫になったしまった(中国時代に鬼より強い上海女性に鍛えられたはずなのだが)。
家に人がいるとわざわざ外に出る必要もないよね・・ということで、ひさしぶりの帰国のわりにはたいして人とも会わず家で二人でゴロゴロしている休みも多かった。別段それで不満があるわけではないのだが、このまま引きこもりになってしまったらどうしよう・・と我ながらちょっと心配。



■ 仕事面 ■

仕事の面はといえば、これまた昨年は「睡眠時間が減りそうだけど」と書いてあったのだが、まったくそんなことなくすっかりヘルシーな環境で楽しく働くことが出来ている。帰宅時間が午前様になるのはお酒を飲む時だけ(しかしその割合は比較的多い)だし、無理して徹夜はしないというルールに関しては一度も破らずに生活を続けることが出来た。

転職して新しい職種についたとはいえ、MBAホルダーがわかりやすくいく業界の一つで学んだことを使うことが出来るのはわかっていたし、現職の方に推薦をいただいていたので上司とも最初から話がついた状態で入れたのが非常に大きかった。
また、外資系といえどもやはり全世界で数十万人を抱える組織だけあって、スピード感に関してはこれまでよりもずっと落ち着いているように感じている(自分はベンチャーをやっていたので、そう感じるのかもしれない)。正直言えば仕事の面ではもっと叩いてもらっても全然よかったのだが、上記したような体調であったことを考えれば、リハビリにはちょうどよかったんではないかとも思ったり。



■ 2014年は・・・? ■

で、2014年はどうするの?というところになると、基本的には昨年の継続で・・というのが今の偽らざる気持ちである。視界良好、迷わずススメ・・これに尽きる。

まず健康に関してはいまだに完璧ではないので、引き続き減量とデトックスに励もうと思う。数年来悩まされている左アキレス腱炎は完治することはなくても、もう少し痛みが引くような歩き方・走り方を身につけたいと思っているし、背中の痛みも体重が軽くなれば筋肉をつけて姿勢をよおくしたいと思っている。・・・・なんか、随分と歳より臭い話しになってしまうけれど、今の自分にとっては「健康」というものの価値はとても高いので。

仕事に関していえば、今の会社は基本的にプロジェクトベースなのでガツガツとするよりも、まずは風が吹いてくるのをしっかりキャッチするための基礎力をつけようと思う。年齢的には何かひとつくらいは目立つ仕事をしたほうがいいのだろうけど、こればっかりは焦ってもしょうがない。声がかかった時に全力を出せるようにするというのも、大切なことだと信じて。


最後に生活面に関しては、(僕の健康も含めて)まずは妻との生活が全ての基盤なので彼女が健康であることを願いつつ、楽しく明るく暮らしていきたい・・・とそれだけを願っている。もしもう少しだけ贅沢を言うことが出来るのであれば、日本に帰ってきてたまった積読リストを少しずつ削っているので、それをもう少し早いペースで進めていきたいと思っている。中国関係については本当にイチから勉強し直したいと思っているし。


ということで、まったく面白みがない新年の豊富になってしまったのだが、今年もゆるゆると空気のきれいな日本で生活を楽しみたいと考えています。本年もよろしくお願いいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »