« 近頃見た中華圏の警察映画 - 寒戦(コールド・ウォー)&毒戦(ドラッグ・ウォー)- | トップページ | [書評] 中国を学ぶためにこんな本を読んでみた2 -現指導者層の選出前後を振りかえる- »

2014年3月 2日 (日)

結婚一周年

早いモノで明日で入籍してから一周年になる。一緒に暮らし始めたのはもう少し前なので「1年」という期間が正確なのか・・というと全くそういうことはないのだが、それでもやっぱり、あ〜一年たったのだな〜と思う。

二人とも30歳をこえてたけど結婚は初めてなので、この一年は言ってみれば「若葉マーク」の生活だった。そもそも、3月3日に入籍したのも日本に帰ってきて勤め始めた会社に扶養手続きを出すためには婚姻届を出しておく必要があって、それだったら覚えやすい3月3日にしようということで半ば無理矢理に決めて、提出したものだ(本当は違う日程を考えていたのに・・まあ、早くて駄目なことはないので、それでいいのだが)。

よく付き合っている時間と結婚生活は全然違うよ・・という話を聞いたりするのだが、そもそも付き合っている時間が驚くほど短かったので、それを実感することなく生活が始まった感じで、違和感など何もなく新生活は始まった感じで、新生活を一生懸命過ごしていたら、あっという間に一年がたってしまったというのが正直なところ。

この一年を振り返ってみると、最初の数ヶ月は僕が新しい会社に入ったのと、これまでの中国生活で溜まっていた疲労が吹き出して、とにかく毎日疲れに疲れていたのを世話してもらっていた。結婚前は毎日食事を作ってくれるとか、そういうのを全く想像していなかったので、毎日家に戻ってくると食事があるというのは、なるほどいいものだな・・と思った。自分が親と暮らしている時にはそんなことを思ったことはほとんどないので、やっぱり自分の中では「妻は一番近い他人」という気持ちはあるらしい。

夏にはMBA時代の友人にお願いして上海で結婚写真を撮影した。中国人カップルがほぼ必ず撮影をする、いわゆるコスプレ写真みたいなのをやろうということなのだが(何せ二人は上海でであったので、むしろそういうことをやるべきだと思っていたのだ)、流石にコスプレまではせずに上海の街中で恥ずかしい写真をたくさん撮ってくるということになった。
友人が忙しかったのもあったので、写真が完成したのは年末になったが、この1年間で一番大きいイベントと言えば、この写真撮影だったと思う。撮影は真夏の上海で行ったので、あまりに暑すぎて熱射病みたいになったっけ。


年が明けて2014年になってからは、仕事がちょっと嫌になるくらい忙しくなってしまって、なかなか家でゆっくり過ごすことが出来なくなってしまったのだが、それでも変わらぬ生活を過ごすことが出来ている。毎日帰るのが遅くなってしまっても、一緒に食事を食べてくれるのがありがたくて、ほとんど外で食事をすることなく帰ってきている(そして食べる回数が増えた妻の体重計が示す値は悲惨なことになっている)。

この1年は外資系に入ったにも関わらず、出張も海外に行くこともすべて断って見事なまでに日本にいた。この数年はなんだかんだで色々なところにいることが多かったので、1年ぐらい家に籠っているのも悪くはない・・と思ったのだが、実際に全然問題なしである。毎日を平凡に過ごすと言うことが、幸福だという、そういう歌詞が今日二人で見に行った映画にあったのだが、あ〜もしかしたら結婚ってそういうことに気づくためにあるんだよね、とかも思ったりした。僕が妻を愛しているか・・というのは、あんまり自分でもよくわからないのだが(こういうのって上手く計測できないので、自己申告しかないのだが、自己申告って結構難しい)、妻が僕を想ってくれるのは毎日感じている。


いつも一緒にいてくれることに感謝の気持ちをあらためて、そして、今年も同じように幸せが二人に等分に訪れますように。二年目もよろしくお願いいたします。いつも一緒にくれて、ありがとう。

|

« 近頃見た中華圏の警察映画 - 寒戦(コールド・ウォー)&毒戦(ドラッグ・ウォー)- | トップページ | [書評] 中国を学ぶためにこんな本を読んでみた2 -現指導者層の選出前後を振りかえる- »

Off」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56852/59227412

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚一周年:

« 近頃見た中華圏の警察映画 - 寒戦(コールド・ウォー)&毒戦(ドラッグ・ウォー)- | トップページ | [書評] 中国を学ぶためにこんな本を読んでみた2 -現指導者層の選出前後を振りかえる- »