July 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« アメリカでもパンデミック対策が本格的に始まった(うちの会社含めて) | トップページ | アフターコロナの世界で働く自分を想像する »

2020年3月25日 (水)

閉じて、縮み、そして止まる世界

一ヶ月ほど前にオリンピックがどうなるかという予想を書いた時には想像も出来なかったのだが、「世界の人の往来が止まる」ような事態が発生してしまい、オリンピックは延期になってしまった。コロナ(今ではCOVID-19と呼ぶようになった)について記録し始めてから一ヶ月ぐらいの間に世界は大きく変わってしまった。


閉じて縮む世界と経済

グローバル化が進んだ現代において、感染症を運ぶのは「人」だ。当初は中国武漢で広まった今回のCOVID-19はまずは東アジアで広がり、その後にヨーロッパが中心地になり、そしてアメリカも対応に苦しんでいる。
見ることが出来ず、発症前であれば検知すら不可能な感染症を人が運ぶのであれば、まず人の移動を抑えるというのはものすごくわかりやすい打ち手だ。日本も含めて世界各国が、航空便の数を減らし、人の往来を一気に減らしていった。

国家間の人の往来が減り、そして都市間の移動が減るということは、かつての社会がそうであったように、一種の都市国家のような状態になってしまったということだ。歴史では「世界がつながることで市場が拡大し、経済が繁栄する」ということを習うのだが、現在進んでいるのはその逆回しのようなものだ。
1-3月の経済統計はまだ出ていないが、世界中で過去に例がないほどの落ち込みがあることが予想される。グローバリズムによって繁栄した経済は逆回転を起こして、一度は底まで行くしかないのかもしれない。


勤めている会社の本社があるアメリカでは、猛烈な勢いでレイオフが始まっている。感染の中心地であるニューヨークではもちろんのこと、西海岸でもいわゆる「予防的なレイオフ」があるようだ。
今の会社は脚の長いB2Bのビジネスがメインなので、いきなりレイオフを行うということはないが、資金の流れが詰まる可能性があるということで(職場に人がいけないことで決済が滞るとか、取引先が潰れるとか・・・)保守的な運営を行うという連絡が入ってきている。Goldman Sachsは6月までは経済がおちこみ、その後に急激に回復するという予想を立てていただが、感覚的にはもう少し長くかかるかもしれない。

一足早く危機を脱したように見える中国の景気が急速に戻っているのが唯一の救いだが、パンデミックが再発すればあっという間に戻ってしまうわけで、綱渡りであることにはかわりがない。2020年代の始まりは各人が生き延びるのに必死にならざるを得ない環境になってしまったというわけだ。


東京はどうなるか?

これを書いている3月25日の段階では、これまでのところ日本国内で実質的に封鎖のアクションをとったのは北海道だけだった。その効果があったかどうかはわからないが、北海道は急速に沈静化に向かい、次に危険なのは東京だと言われている。25日は過去最高の感染者数40人が発覚しており、沈静化する様子は見られない。
この40人という人数は過去2週間〜10日間での拡散が今になってみえてきたということであり、だからこそより事態は深刻であることを物語っている。2週間前はまだここまで弛緩した雰囲気はなく、まだ自粛ムードが強かったのだから。
<
/div>
25日20時からの都知事記者会見では「週末の不要不急の外出は避けるように」との呼びかけがなされるらしい。いきなりの非常事態宣言は難しい・・・という判断のもとにされるのだろうが、おそらくあまり効果はないだろう。この週末に活動を自粛したとしても、効果がわかるのは2週間後。
それまでの間に、今日までの緩みの結果としておそらく感染者はまだ増えると予想される(このblogは25日の19:30ごろに書いている)

おそらくその増加を見て、ロックダウンと呼ばれる事実上の外出禁止命令が出されるに違いないと、予測する。実行されるのはGWを含む形での3週間ぐらいではないだろうか・・・。早くて13日ぐらいからだろうか。


最初に書いたように今回の感染症は人から人へ感染る病気だ。そして、感染する期間は潜伏期間も含めてだいたい3週間以内と見積もられている。この感染期間に正確な知見がないのが痛いところだが、例えば3週間の間に「人 → 人」の感染をゼロにすることができれば、理論的には感染者をほぼゼロに抑え込むことができる。

東京において、「人 → 人」の感染をゼロにするというのは現実的には不可能だろうが、これからやろうとすることは、究極的にはそういうことだ。
これから2週間の間に検査により陽性であると判定させる人が増えていくのは、ほぼ「確定された未来」だ。今の段階でより強い取りくみをしないということは、意思決定の遅れを甘んじて受け入れるということと、残念ながらほぼ等しい。本当は1日でも早く封鎖をすべきなのだろう。

どうかこの予想が外れますようにという淡い期待をいただいているが、個人としては来るべきタイミングに備えて準備を進めるほかない。

« アメリカでもパンデミック対策が本格的に始まった(うちの会社含めて) | トップページ | アフターコロナの世界で働く自分を想像する »

Off」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカでもパンデミック対策が本格的に始まった(うちの会社含めて) | トップページ | アフターコロナの世界で働く自分を想像する »