July 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 組織を内からダメにする有能で邪悪なマネージャー | トップページ | 胸の痛みがどうしようもなくなって救急車で運ばれた話 »

2020年6月10日 (水)

2020年の6月にアメリカで起こっていること(備忘録)

COVID-19が収まる気配があまりないアメリカで、大規模な抗議行動が起こっている。ジョージ・フロイドさんという黒人の男性が警察官に首を強く圧迫され死亡したことをきっかけとして、全米で人種差別への抗議行動が発生し、一部では暴動のような事態になっているようだ。

今の会社はシリコンバレー(カリフォルニア州)に本社があるので、少なくともシリコンバレーの周りではどのような状況なのかという情報は入ってくる。
彼らが言うには、サンフランシスコでは抗議活動は行われているものの、暴力的な扇動を行う人がほとんどいないため、身の危険を感じるようなことはないらしい。今回の行動をProtest(抗議)と呼んでおり、riot(暴動)とは呼ばないのだな・・・ということ妙に心に残った。

2012年に上海で反日行動が起こった時には、ほぼ全てのアメリカ人はriotと表現していた。それだけ、今回のアメリカの行動には明確な理由があると認識されていることなんだろう。

ドイツ系アメリカ人(僕から見ると完全にいわゆる白人である)の同僚は比較的冷静に物事を見ていて「せっかくCOVID-19を抑えようとしていたのに、これでまた感染者が増えるかもしれない。それでもやらねばならないこともある」と言っていた。
おそらく今のCOVID-19と同じような状況で日本でデモが発生したら、「何も今やる必要はない」という非難の声の方が大きくなっただろう。社会的正義を決定する価値観に大きな違いがあることを感じずにはいられなかった。


また、今回の抗議活動では、多くの企業がメッセージを出している。
うちの会社も社内向けにはCEOからレターが出ていたし、それに近い内容が先日社外向けのblogにあげられていた。「何かを言わねばならない」という企業としての判断なのか、「何かをいうべきである」という倫理観の現れなのかはわからないが、企業としてのメッセージを明確に出すべきであると考えている自分にとっては、良い行動であると感じた。

前に勤めていた会社では、トランプが当選した時にかなり早めに祝福するメッセージを出した上に、CEOが参加していた経済について議論する諮問委員会を最後まで辞任しなかったという理由で幹部が退社したということがあった。
いくら国とのビジネスが重要であると言っても、もう少し毅然としてほしい・・・とは自分も思ったので、自分の価値観と会社の価値観が合うということは重要な要素だ。


ただ、うちの会社は「先進技術の研究開発」を主な事業領域としているため、アジア系とインド系の人間は多いものの、あまりマイノリティは多いとはいえない。カリフォルニアという土地柄もあるし、修士以上の専門教育を受けていないと入社基準にかからないというのが大きいのだろう。

« 組織を内からダメにする有能で邪悪なマネージャー | トップページ | 胸の痛みがどうしようもなくなって救急車で運ばれた話 »

Off」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 組織を内からダメにする有能で邪悪なマネージャー | トップページ | 胸の痛みがどうしようもなくなって救急車で運ばれた話 »