July 2021
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年11月

2020年11月19日 (木)

精密検査で狭心症が見つかり、ステント手術をした話(その3)

(病院を見つけるまでの経緯はその1を、手術が決まるまでの経緯はその2をご覧ください)


10月下旬: 最終意思決定


手術を受ける意志を病院に伝えてから2週間後に、今度は手術を担当してくれる先生との打ち合わせが設定された。同じ内科でも微妙に担当が分かれているらしく、同級生の先生は手術は担当しないのだという。

この打ち合わせでは、改めて自分の症状がどのようなものであるか、どのような部位に狭窄が起こっているのか、そしてどのような器具と術式で手術を行うかの説明をかなり丁寧にいただいた。医療工学についてある程度の知識がないと理解することが難しいような内容まで踏み込んで説明をいただいて、非常に納得度の高い説明だった。最初の入院時の説明では、やや曖昧な説明でそこが不満だったので、正確な説明をいただけたことはありがたかった(一般的に心臓病で入院される方は高齢の方が多いので、その年代にあわせた説明の仕方/内容が標準になっているのだと想像した)。

面白かったのは「執刀されるのは、(今、お話をしている)XX先生ですか?」という聞いたら、「私のように若いのが担当だと不安ですか?」と聞き返されたことだ。自分としては、一度も顔を合わせたことがない人が執刀だと嫌だな〜と思っての質問だったのだが、どうやらベテランの先生を希望される方もいるらしい。
話を聞く限りはそれほど難しい場所に狭窄があるわけでもないし、術式も確立されているようだから、むしろ若い人に経験を積んでもらうにはいい機会なのでは・・・とも思ったぐらいだ。何事も人は経験しないとうまくならないことだし。

話を聞いていて現代の医学はすごいな・・と思ったのは、術式の説明を受けた時だ。今回はステントで狭くなった血管を膨らませるという手術なのだが、ステントを広げると細い部分についていたカス(血栓やコレストロール)が剥がれて血管を流れて行くリスクがあるという。当然そのまま流れていくと先の血管に詰まってしまう可能性があるのだが、そのリスクを回避するために、血管中にパラシュートみたいなのを広げて回収するということができるらしい。

また、そういうリスクがどのくらいあるかどうかを評価するにあたっては、カテーテルを通して血管中に超音波を出す器具を入れて、内部を検査するらしい。ようするに、これは「人が通れない管の内部を評価する」という話と、ほとんど変わらない。医学というよりも、むしろ工学だな〜と思いながら聞いていたのだった。工学部に進んでよかったと、こんな場面で実感するとは。


手術に向けての準備というのは特になかったのだが、コレストロールを下げるための薬は強めにいただくことになった。自分は「中性脂肪が高い値だが、コレストロールは正常値」という脂血異常症を持っていて、中性脂肪を下げるための薬はずっと飲んでいたのだが、コレストロールも80以下に下げるようにとのことで薬を飲むことになったのだった。


11月上旬: 手術の実施


手術は検査と同じくカテーテルを利用するので自分の精神的には随分楽だったのだが、今回は手術をするということで家族にも説明と同席が求められた。なので、入院日には妻と一緒に病院に行って、最終の説明を受けた。


手術の説明では当然リスクも説明されて、一応「最悪の場合」というのも説明を受けることになる。この「最悪の場合」というのは、手術中に何らかのアクシデントがあって死ぬことも含まれるのか・・と思っていたのだが、過去5年の実績では死亡事例はないとのことだった。自分が入院した病院の過去5年間の事例では、最悪の場合は「トラブルがあって開胸手術を行う」ということだった。開胸手術を受けると退院が遅れるな〜と思ったぐらいで、あまり気にも留めなかったのだが。

むしろこの説明は、最後だし・・と思って色々な質問ができて、純粋に楽しかった。
例えば、ステントは血管を広げるために用いられるのだが、詰まっているところを"削る”という方法もあるのでは・・・と思っていたので、それを質問してみた。すると、なんと血管内で人工ダイヤをつけたドリルで削る術式や、カンナのように細くなった部分を削るという術式もあるらしい。ただ、どうしても血管は曲がっているためそれだけではダメらしいのだが。

また、この病気がわかってからずっと気になっていた、病気のきっかけについても質問してみた。
統計を見ると自分の年齢で狭心症を起こす人はかなり少ない。狭心症は生活習慣病の一つときているので、つまり「自分はものすごく生活習慣が悪かったのか?」というのを疑問に思っていたのだ。

先生が言うには、まず血管の詰まりと言うのはコレストロール”だけ”が積もり積もってつまるわけではなく、血栓によるものもあるらしい。また、時間と比例してつまりが細くなっていくわけでもない・・・ということだった。
こういう前提を踏まえた上で、自分の場合は他の部分は血管が綺麗な状態であることを考慮すると、痙攣(冠攣縮性痙攣)によって何らかの傷のようなものができて、そこに急速に血栓ができたと言う可能性もあるとのことだった。断言はできないが「ものすごく生活態度が悪い」と言う理由だけではここまで細くはならないだろうということであった(もしかしたら気を使ってくれただけかもしれないが・・・)。

こういったやり取りは先生から見れば面倒であるかもしれないが、患者側としては疑問点が消えるのはとてもありがたいことだった。こうして翌日の手術は安心して迎えることが出来たのだった。


手術は前回と同じく左手の局部麻酔で実施された。残念ながら前回と同様に麻酔の効きが悪い上に、前回よりも太い管をいれるということで、左手首はかなり痛かった・・・が、そういったことはこちらの事情なので、どんどんと手術は進んでいく。


ところが、なぜか左手の血管に入れている管(あるいはワイヤーのようなもの・・さすがに首は動かせないので見えないのだ)を先生が入れたり出したりしている。また「あれ、うまくいかないな・・」みたいな声も聞こえてくる。なにせ、局部麻酔なので頭はしっかりしているし、手術室内の会話はばっちり聞こえてくるのだ。

不安というほどではないが、心配になったので看護師さんに話を聞くと、どうやら体の内部でワイヤーがうまく"ひっかからない”らしい(どこに引っかかる、のかまではわからないが)。そうしているうちに、奥の方から上司というかベテランらしき先生が出てきて、「ここはこうやって捻るといいんじゃないか」とか「管はこっちの方がいい」というアドバイスをしだした。執刀医の説明の時に「私の後ろにはベテランが控えてますから」という説明をうけていたのだが、なるほどこういう事態のためにいるのだな・・・と納得できた。

看護師さんの話を聞くと、年をとってくると血管の感覚が鈍くなってくるらしく管を入れられても一切感じない人もいるらしいのだが、残念ながらこの手術では若い自分はばっちり管が入るのを実感できる。中から圧迫されているような感じであまり気持ちがいいものではないし、”お、今この辺り通ってるな"とかもわかってしまうのである。出し入れを何度もするというのは、それを何度も感じるということで、あまり気持ちのいいものではなかった。


そうやって30分ほど先生も格闘されていたのだが、そのうち狙ったところに届いたようで、そうなると痛みもないし嫌な感覚もほとんどなくなった。そこからは内部を評価して、バルーンで血管を広げ、ステントを入れるというところまでスムーズに進んだ。バルーンを広げるタイミングでは血管が一時的に狭くなるので痛みがあります・・・という説明があったのだが、それほどの痛みではなかった。
どちらかというと辛いのは、造影剤を入れることで、毎回のどの奥が焼けるような感じがするのだ。時々咳き込むのだが水が飲めるわけでもなく、体も固定されているので放ったらかしである。

ただ、全体としては手術中に聞こえる話が面白くて、聞き耳を立てていたら終わってしまったというのが正直なところだ。

特に内部評価時に先生が「キャリブレーションお願いします」というのが気になってしまい、手術が終わったら絶対その話を聞こうと心に誓っていた。何を補正しているんだ?管の位置?それともカメラの軸?ということを考えていたら、後半はあっという間に終わってしまった感じだ。


結局手術時間は1時間15分程度だった。前回よりもきつめに左手を止血する必要があり、そのための空気を使った止血バンドが大変痛かったのが唯一辛い点だ(この左手は1週間以上たった今でもまだ少し痛い)。手術後は造影剤を外に出す必要があるため、点滴を一晩打ち続ける必要があり、もう一泊することになっていた。

手術はちょうどお昼をまたいで行われたので、昼ご飯を食べて休んだ後に、夕方には執刀医から手術結果の説明を受けた。ステントを入れて膨らんだ血管の写真を見せてもらい、ようやく手術が成功した実感を感じることができた。映画の見過ぎかもしれないが、ステントを入れたら体にエネルギーがみなぎるかも?と少しは期待していたのだが、全くそんなことはない。退院後に軽い運動をした時に息苦しさがなくなったので、体はよくなっていることは感じられている。


先生によれば、前半の苦戦は体の血管のつき方が少し想定と違ったことと、血管が痙攣して収縮してしまい管の動きが悪くなったことが要因らしい。確かに、一度管を抜こうとした時に手がもっていかれるような感覚があったのだが、どうやらその時は”血管が管を締め付けている”みたいな状態になっていたらしい。
冠攣縮性狭心症という診断からそういうことは事前に予想していたらしいが、痙攣が思ったよりも強く、かつ頻発する可能性はあるかもしれないというのが先生の術後の見立てだった。そのこと自体がすぐさま致命的な状況を引き起こすわけではないが、ストレスを「増やさないでください」という注意はあった、「溜めない」は結構簡単にできそうだが、「増やさない」はかなり難しい。このお話を受けて、仕事や生活の仕方も見直す必要があるな・・・と心に書き留めた。

今回の手術により、とりあえずの問題は解決されたのだが、一方で今回の検査や手術で「血管の痙攣」という体質がわかったため、引き続きそれに対応する薬と血栓ができづらくなる薬は相当の期間(一部は一生)飲み続けることになった。また、これまでの不摂生で大きくなった体も小さくする方がよいということで、相当の減量を、心臓に負担をかけすぎないように行う必要がある。

また再狭窄の可能性もゼロではないので、おそらく来年の中頃には再度カテーテル検査を受ける必要があるだろう。再狭窄が何度も怒ると、それは体質ということになってしまい手が打ちづらいということだったので、こればかりは再狭窄が起こらないように祈るのみだ。
「このタイミングで自分の体質がわかり、手を打っておいてよかったね」といえるかどうかは、これからの人生次第だ。これから数十年間は、”体にチューブが入った人"として生きていけるように頑張らなければならない。

精密検査で狭心症が見つかり、ステント手術をした話(その2)

(病院を見つけて検査の予約をするまでのいきさつはその1をご覧ください)


10月前半:検査を受けて自分の症状を理解する

心臓血管研究所 付属病院は完全予約制なのだが、結構簡単に予約を取ることが出来る。自分の初診の時も、1週間後には予約を取ることが出来た。
初診では心電図とエコー、そしてレントゲンを撮った後に問診を行った。予想通り心電図やエコーでは異常は見つからなかった。だが、ここで終わってしまっては目的が達成できない。ということで、自分が倒れてから病院に運ばれてから今までの経緯や、自分が今感じている症状を丁寧に説明をした。

その説明がよかったのか、あるいは自分の熱意が伝わったのか、あるいはとりあえずそういう対応をしているのかはわからなかったが、先生には状況をご理解いただき無事にトレッドミル検査とホルター心電図検査を受けられることになった。

ちなみに、ここでものすごい偶然があり(それが対応が良かった理由ではないのだが)、なんと担当をしてくれた心不全担当の内科医が、高校の同級生だったのである。ちょっと変わった苗字だったのでもしかしたら?と思って、高校を聞いたらやはり想像通り一緒の高校。体育や芸術科目を一緒にやっていたので、卒業以来20年以上会っていなくても顔立ちや名前をおぼろげながら覚えていたのだった。
個人的にはやはり知り合いがいると安心感が違う。また、この後の入院時や検査時にずっと「XX先生の友達なんですってね」と声をかけてもらい、良くしていただいた。高校をでてから、おそらく初めてOBネットワークの価値を感じた出来事だった。


話を検査に戻すと、たまたま空きがあったということもありその初診の翌週にはトレッドミル検査とホルター心電図検査を受けることが出来た。そして、ありがたいことに(?)トレッドミル検査で心電図の異常を確認することが出来たのだった。
このトレッドミル検査というのは、上半身に心電図を取るための機器と血圧計をつけて、ジムにあるようなランニングマシンを歩くという検査だ。スピードは早くないのだが、だんだんと傾斜がきつくなっていき、限界がきたら教えてください・・・と言われる。あまり負荷が軽いと結果が出ないので、限界まで歩いたら本当に胸が痛くなりニトロ(ミオコールスプレー)を入れてもらう羽目になった。このミオコールスプレーは、手術が成功した今でも常に持ち歩いている。

ここで無事に結果が出たのでホルター心電図はいらないのでは・・・と思ったのだが、一つの流れであるらしく、こちらの検査も行った。この検査は、持ち運びが出来る心電図計測機を体につけて、24時間の心電図を計測する・・というものである。
自宅に帰ることが出来て体の負担も少なく、眠るにも問題がないという話だったのだが、自分にとってはこの検査は大変きつかった。肌が荒れやすくかぶれやすい自分は、この「24時間計測端子を体に貼り付け続ける」というのはものすごい苦痛だったのだ。結局夜もほとんど寝ることが出来ず、次の日にはフラフラになって病院に行くことになった。ステント留置のためのカテーテル手術を終わったいまでも、もっとも辛かった検査がこのホルター検査だ。

トレッドミル検査で異常が出た時には、異常があるということに嫌がるというよりも、ようやく検査で発見することが出来たという喜びの方が大きかった。少なくとも、これで医学的にも何かしらの異常があることが証明されたのだ。「理由はわからないが、体調が悪い」というのは本当に精神的に良くない。


10月後半: カテーテル検査で問題を特定する


検査の話に戻ると、この結果を受けて次のステップに進むことになった。
ここでいう次のステップというのはカテーテルを体に入れて、実際にどこが悪いかを見つけるということを指す。体の中に管を入れて心臓の血管を観察するということで、二泊三日の入院が必要な検査だ。


この段階で狭心症が疑われるということを伝えられていたので、事実上これ以外の選択肢はない。もし異常があるなら早めに治したいのはこちらも同じなので、早速2週間後に入院予約を入れた。話を聞く限り、術式も確立されているし、体に負担も少ないようだった(もちろんリスクがゼロという意味ではない)。


実際の入院は想像していたよりもずっと負担は少なかった。ただ、コロナの影響により体温検査がやたら多い。熱が一定以上を超えると検査を受けられなくなる可能性もあると説明されて、平熱がかなり高めの自分は冷や冷やだった。病院の閉鎖された空間にいるせいなのか、それとも緊張していたのかはわからないが、熱はずっと37度ギリギリだったがなんとか検査を受けることは出来た。

実際のカテーテル検査は入院二日目に行われた。WEBなどを見ると検査は簡単と書いてあることが多いので、大したことがないだろう・・とタカをくくっていた。ところが、実際の検査は手術に近い感じで、医者の方は数人いるし、看護師もたくさんいる。心臓周りの血管を見るために動く巨大な機械もすえつけられており、手術室に入った時にはおもわず笑ってしまった。なんというか、ドラマや映画で見る手術室とは全然違い、機械のなかに入って行くようなイメージである。

カテーテルは左手首から問題なく入れることが出来た・・・と言いたいのだが、麻酔が聞き辛い体質がここでも顔を出し、1回目の麻酔を入れて管を通そうとした時は激痛だった。局部麻酔なので「痛くないですか?」と聞かれるのだが、「めちゃくちゃ痛いですね・・・」としか答えられなかった。ちなみに、このやりとりはステント留置手術でも繰り返すことになる。


カテーテル検査自体は1時間弱で終わり、医学的な所見を無事に得ることが出来た。わかったのは次の2つ。
一つは、心臓の冠動脈の一つが細くなっており治療を行う必要があること。もう一つは、血管の痙攣を起こしやすい体質であり「冠攣縮性狭心症」という病気も持っているということ。診断をした先生の言葉を借りれば「血管の狭窄と、痙攣、合わせ技で一本ですね」ということだった。

この話を聞いて、ようやく7月の体調不良とその後遺症の理由を理解することが出来た、とひどく安堵した。原因箇所と問題さえわかれば、後は治療を行うだけだ。
まず痙攣の方は、原因が不明(というか様々な理由がある)で体質由来ということで、今後も継続して薬を服薬することになった。血管を広げる薬を飲み続けて、痙攣時も血管が細くなりすぎないようにするのだ。

狭窄の方は「すぐに致命的な事態を起こすわけではない」という、すごく理系的な説明がされたのだが、とはいえリスクもあるので治療をお勧めするとのことだった。血栓を溶かす薬を飲めば太さが回復するのか?というこちらの質問に対しては、かなり細くなっているのであまり見込みがない、という回答をもらった。
この段階で、選択肢は「ステントを入れる」か「薬を飲んで放っておく」の2つしか残っていない。しかし、家族もあり、子供もまだ小さい自分にとっては後者はリスクがありすぎる。ほぼ悩む必要もなく、ステント手術を行う方向性で検討をいただくことにしたのだった(続く)

精密検査で狭心症が見つかり、ステント手術をした話(その1)

8月に「体調が戻らない」という話を書いたのだが、それから色々あって11月の半ばにステント手術を受けてきた。
なかなか体調が戻らないので自分で病院を見つけて、医師による狭心症という診断が確定したのが10月頭。それから患部の詳細検討を行い、実際に手術を受けたのが11月という感じで自分の体感値としてはあっという間だった。自分の人生の中でもかなり大きな出来事だったし、もしかしたら同じような体調不良で悩まれている方もいるかもしれないので、この間の経緯を残しておこうと思う。


〜9月末: 自分の症状から病院を探す


まずは自分の体調の変化について書いておこう。
8月に記事を書いてからもかわらず体調不良は続いていたのだが、二歩進んでは一歩下がるみたいな感じで、少しずつは良くなってきている実感があった。一方で、変わらず残り続けている症状というのもあって、原因もわからないためずっと気持ち悪い感覚が残っていたのだった。


変わらずに残り続けていた症状というのは具体的には以下の2つだ。
  • 急に運動(特に朝)をすると、息苦しい感じがしたり、吐き気がする。
  • 時々(これも特に朝が多い)、両腕の二の腕が締め付けられるような感覚がある。

この二つの症状は、ほぼ変わらず出続けていたのだが、一方でそれ以外はいたって健康という生活が9月に入ってからは続いていた。救急車で運ばれた際に心臓の検査をかなりやったので医者も心臓の異常を伺ったということはわかっていたのだが、一方でその時の検査では何も以上が出なかったということもあり、なかなかこの状態が何であるかが自分の中でも説明がつかないという日が続いていた。体は少しずつ良くなっているのに、一方でわかっていない爆弾が体の中に残っているのではないか・・・という不安が残っていたのが当時の感覚だ。


このような不安はあまり精神的には良くないので、9月の中旬には自分のいわゆる「かかりつけ医」にも診断をしてもらった。ただ、そのかかりつけ医の検査でも心電図は正常であり、救急時の検査でも異常が出なかったということから、よくわからない・・というのが結論だった。ビタミンが足りないとそういう症状になることもあるので、ビタミンを多く取ってくださいと言われたので、豚肉を食べたりサプリを入れるようにした。


確かにそれで少しはよくなった気がする(気がするだけだったのかもしれない)のだが、根本的には変わらないという生活が9月末まで続いていたので、いよいよ本気になって医者にかかること検討し始めた。狭心症の時の痛み(放散痛)は背中や肩に出ることが多いが、腕を締め付けられるような感じがある人もいる・・・というWEBの記事を見つけて、救急時の対応からもいったんは心臓に異常があるかもしれないと仮説をおいて、病院を探すことにした。


次に考えたのは、どのような病院に行けば良いかだ。かかりつけ医のような一般医では見つけられないことはわかっていたので、専門病院に行く必要がある。また、専門病院にいくとしても以下の条件を満たすような病院でなければならなかった。
  • 自分の拙い説明(腕がキューっとなるんです)でも心臓に異常があるかも・・とカンを働かせてくれる医者がいなければならない。ここでネックになるのは、救急時に運ばれた病院で造影剤CTをしても異常が出なかったということである。ここで疑いがないとされると、次に進むことが出来ない。
  • 通常の心電図だけではなく、朝の症状が出た際とか「キューっとなる」瞬間に異常を発見できる設備がある病院でなければならない。かかりつけ医からも「その瞬間に調べないとわからないねぇ」と言われていたし、実際に正常時の心電図は問題がなかったのだ。

まず後者の条件に関しては、心臓の病気が疑われた場合にはトレッドミル検査と呼ばれる運動時の心電図の検査をしたり、ホルター心電図という24時間の心電図の推移を調べる検査があることが簡単に見つかった。これは設備の整っている病院であれば対応しているということだったので、見つけるのはそれほど難しくない。

問題となるのは前者だった。上に書いたような設備がある病院というのは、基本的に大学病院や大病院である。しかし、まだ心臓という確信がない自分では、そういった大きな病院でいきなり循環器科にいってうまく説明をする自信がなかった。下手をすればかかりつけ医と同じ対応をされてしまう。ただでさえ忙しい大学病院では、素人の言葉だけで専門検査をしてくれない可能性も十分に想定された。
その上、そもそもかかりつけ医で異常がないと言われてしまったので、紹介状もなかった。紹介状がなくても大病院で診察を受けることは可能だが、必ずしも循環器の先生にあたるわけではないし、同じような対応をされてしまう可能性はかなり高いだろう。


こう考えた結果「設備はしっかりしている専門病院だが、大学病院ではない」という病院を探すことにした。何も知識はなかったのだが、”心臓” ”専門” “病院” みたいな単語で検索を繰り返したら、六本木に条件に見合うような病院があるのを偶然見つけることが出来た。HPを見ると、なんと紹介状なしでも初診料はかからないらしい。これはよいということで、早速電話をして六本木にあるその病院、心臓血管研究所附属病院に予約をとったのだった。(続く)

« 2020年10月 | トップページ | 2021年1月 »