October 2021
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« コロナ感染者数とパラリンピックの開催 | トップページ | [書評] ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう: 際立った知性は同じ方向を向く »

2021年8月22日 (日)

モデルナワクチンの2回目接種を終えた

自分が住んでいる港区は、ワクチン接種クーポンの配布開始まではどちらかというと23区内の中でも進行は遅い方だった。子持ち家庭には施策が手厚い港区だが、それは区役所が優秀というわけではなく、政治側(特に清家議員)の力のおかげだったのか・・とも思ったものだ。

しかし大規模接種が可能な場所が多いのが港区の強みだったのか、一度クーポンの配布が始まると、怒涛の勢いでワクチン接種の予約枠がリリースされた。
このワクチン接種を支えている一つの要素が、森ビルである。森ビルは職域接種で10万人もの人間に接種を行うと発表し、さらに、虎ノ門ヒルズのセミナーホールを活用した大規模接種を開始したのだ。
他にも増上寺での大規模接種や、大規模病院での一斉接種など、とにかく箱と物量を抑えての戦いで一気に接種率を上げてきた。8月18日の段階で1回目接種は50%近くに来ているし、職域接種も含めばもっと数が増えるだろう。

自分も家からそれほど遠くない虎ノ門ヒルズで2回の接種を行って来た。昨年の心臓手術によりハイリスクとなった自分は、予約枠が解放された瞬間にパソコンから確実に枠をおさえて、1回目は7月の下旬、2回目の接種は8月中旬に完了することが出来たのだった。

両日ともに副反応が出ることを予想して、土曜日の午前10時に接種した。
1回目は接種後24時間では微熱が出るくらい、そこから熱は上がらないものの倦怠感がかなり強く、ほぼ1日をベッドの中で過ごした。月曜日からは普通に仕事をすることが出来たが、腕の痛みは一週間ぐらいは続いた。
ただ、自分のように打撃系の格闘技の経験がある人間にとっては、あの程度の腕の痛みはそれほど辛いものではなかった。空手系の練習では新人に肩や二の腕を殴らせることをするので(通称: 肩パン)、そういった痛みには慣れているのだ。


2回目はもう少し副反応は強かった。WEBなどでカロナールが良いと聞いていたので、事前に準備をしておいたのだが、それでも38度を超える熱が出た。だいたいの経緯は以下のような感じだ。

  • 接種後1時間: 副反応予防用にカロナールを服用
  • 土曜日午後(接種後4時間ごろ): 微熱が出て来たがそれほど辛くない
  • 土曜日18時(接種後8時間): あまり食欲がないので、軽く夕食を取りカロナールを再度服用
  • 日曜日2時(接種後16時間): 寒気と熱、からだの痛みで目がさめる。関節痛というよりも、山登りで全身がだるい・・みたいな感じの痛み。薬を飲みたかったが、あまり服用量が多いのはよくないと、布団にくるまって我慢する。
  • 日曜日6時(接種後20時間): 熱が少し下がった感じがするが、どうにも体が痛いので、ベッドから抜け出しカロナールを服用。同時に熱を測ったところ38.2度だった。
  • 日曜日10時(接種後24時間): 熱は下がったが、体はまだ痛い。猛烈に腹が減ったので、一気に食事をして睡眠。このタイミングではカロナールは取らず。
  • 日曜日17時(接種後31時間): 熱はだいぶ下がり37度ちょっと。相変わらず腹は減っているので、しっかり食事をとりベッドへ。カロナールを再度服用して、痛みはだいぶ楽になって来た。
  • 月曜日8時(接種後46時間): 熱は平熱に。体の痛みも消えたが、やや倦怠感は残っている。この段階で薬は必要ないと判断。念のため、この日は有給を事前に取得しておいた。
  • 火曜日8時(接種後70時間): 体の倦怠感もほぼなくなり、問題なく普通の生活が可能に。ただ、これまでのダメージが残っているのか、ちょっとしたことで疲労がズシンとくる。
  • 水曜日7時(接種後93時間): ぐっすりと眠ることが出来たためか、疲労感も消えている。

ワクチンを打つ・打たないの最終決定権は個人にあるので、これからも打たない人も一定数は残るのだろう。ただ、個人的にはワクチンを打つことができて、これまでは自覚していなかったものの、ストレスがかなり軽減されるのを感じた。「できることがあるのに、自分ではどうしようもない」というのは、自分の中ではかなりの負荷だったのだろう。
これからも行動には何も変化はないし、マスクはつけ続けるけど、自分の中では一つ肩の荷が降りた。

« コロナ感染者数とパラリンピックの開催 | トップページ | [書評] ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう: 際立った知性は同じ方向を向く »

Off」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ感染者数とパラリンピックの開催 | トップページ | [書評] ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう: 際立った知性は同じ方向を向く »