May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月10日 (月)

2022年を迎えて

昨年の初めに書いたエントリーを見ると、2021年の目標は「生きる」だった。冠状動脈の手術からそれほど時間もたっていなかったし、実際にそういった基本的なことから生活を再構築したいという気分だったのだろう。

とりあえず2022年を無事に迎えることが出来たという意味で、その目標は無事に達成できた。
予告されていた検査入院はコロナの影響と、経過が当初想定よりもずっと良かったと言う理由で、造影剤CTやRI(核医学)検査に変更することが出来た。年始の段階ではまだ結果が出ていないが、これも無事にクリアできれば、少なくとも今よりはリスクが少なくなったと言えるかもしれない。

年後半にはPET-CT検査の結果、甲状腺に腫瘍が発見されるというドキドキの展開もあったが、これも無事に良性と判明した。10kg近い減量に成功したこともあり、健康という意味では2021年は大きく盛り返した1年だったと自分を褒めてあげたい気持ちだ。
それに加えて、2021年はこれから少しずつ老化していく自分への準備という意味でも、予想外に色々なことを学んだ1年だった。

例えばそれは「寒い時には服をしっかり着る」とか、「夜ご飯を19時までには食べた方がいい」というような基本的なことから、集中力を保つためには時間を細切れにした方が良い(ポモドーロ・テクニックというらしい)という学び方の見直しもある。あるいは、健康のためには多少の出費をした方が結果的にQOLが上がるという、お金の使い方も学べることが出来た。
全体としてまとめてみると決して何か大きな一歩があったわけではないが、一つ一つの小さな積み重ねが今後の人生に良い影響を与えるだろうと期待している。


今年もそれほど生活が大きく変わるわけではないだろうが、日常を律するためにも、目標を書いておこう。管理ができているかをみるために、今年の目標は定量的なものにして、7月1日に達成度合いを見てみるつもりだ。


更なる減量

2020年夏に倒れて11月に手術を受けてから、コツコツと減量を続けてきて、2021年は10kg近くの減量に成功した。一気に痩せた方が精神的な負担は小さいがその間に出来ることが一気に減ってしまうので、1ヶ月に1kgくらいのスピードでコツコツ落としてきたのだ。もちろんメリットもあり、生活パターンを変更したり、継続的な運動により減量をしているので、少し気を抜いたぐらいではほとんどリバウンドしない。

ただし元がかなり増量されている状態だったので、10kg痩せてもまだ十分ではない。とりあえずキリが良い数字を目指すということで、今年は6kgの減量にチャレンジする(ちなみに、BMIで目指す値を出すと、あと20kg近い減量が必要なのだが、それは流石に無理。BMIは筋肉量を考慮していないので、自分のような格闘技経験者には無理だと思う)。本当は今年も10kgぐらい減るといいな〜と思うのだが、まずは手に届く目標ということで、7月までに4kg落としたい。


定期的な発信

毎年毎年blogを書こう・・・と言っては、年間で10本程度しか書かないというのがもう数年も続いており、いい加減にしろと自分でも思う時があるが、それでも今年も「blogを書く」というのを目標の一つとしておきたい。一応言い訳をすると、エンタメの感想を書くもう一つのblogでは年間で150本以上は書いているので、発信自体はそれなりに行なっているのだ。

ただ、いい加減ほとんど誰も読んでいないようなエンタメ感想を書くだけではなく、もう少し世の中のためになるような発信をしなければならないと思っているので、今年は週に1本はこちらのblogで何かを発信していこうと考えている。ただ、あまり書くべき内容がない時は、子供の教育関係の発信が増えてしまうかもしれないが・・・。いずれにしても、”駄文を書き散らす”ということを今年はちゃんと行いたい。
(加えて、仕事で書いているnoteもちゃんと毎週1本は更新しよう)


知識のアップデート

コロナ禍が始まって2年近くが経つが、この間は溜まっていた映画をみまくっていた。その成果(?)は先ほど紹介したエンタメblogに披露されているので、もし興味があるひとは見て欲しい。

一方でその間、本はほとんど読まなかったし、”意識的に”知識のアップデートを行ったこともほとんどなかった。この2年ぐらいであれば蓄積と長年の経験で磨かれた当て感の良さで誤魔化してきたが、いい加減それも限界に達してきている気がしている。そういうわけで、今年はもう少し本を読む予定だ。

会社では「本で情報を学んでいるようでは遅い」と言っているのだが、知識を体系的かつ定期的にアップデートするという意味では、新書を中心に本を読むのも悪くない。また、40歳を超えて新たな領域を再度「学び直す」ためには、すでに体系としてまとまっている教科書を読んでいくのも良いだろう。前者はほとんど時間がかからず、後者はかなりの時間を必要とするので、平均して月2冊ぐらいの読書量は確保したいと考えている。

そういうわけでまずは健康第一とはいえ、今後の人生を少しでも豊かにするためにこれからの人生で出来ることを見つけられる、そんな1年にしたいと考えている。

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »