May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 大衆皆喜に関わった人間による”『ゼクシィ』のメディア史: 花嫁たちのプラットフォーム”の感想(5/5) : 大衆皆喜はなぜ撤退したのか? | トップページ | インフルエンザからの気力の回復 »

2023年8月28日 (月)

処理水排出への中国の反応

東日本大震災での被害からずっと東京電力福島第一原子力発電所の建屋内にためていた、放射性物質を含む水(通称ALPS処理水)の海洋放出に対して、中国がかなり強硬に反対をしている。これまでの報道によると、日本の水産物を全面禁輸する通達を出したり、日本からの水産物を利用しているレストランなどは営業停止にするという通達があったようだ。
大使館からも、この問題に関連して日本人が何らかの被害に遭う可能性があるので、十分に注意してください・・という連絡があったようだ。

こういった反応を見ると、もしかしたら2005年や2012年の反日抗議のようになるのかもしれないという気持ちになる。
2005年はまだ中国にはいなかったのだが、2012年はMBA在学中で現在の妻と一緒に上海に住んでいて、中国人の友達からもそれ以外の学校の友達からも随分と心配された。上海で親しくしていた中国人は、”何かあったらいつでも逃げてきて”と言われて安心させてくれたりもした。ただ街中では一応警戒していたし、実際にはそれほど怖い目には合わなかった。何か暴動のようなことが起こる時は、なぜか不思議と情報が流れてきて、そこで暮らしていて警戒をしている人間には事前にわかるようになっていたのだ。


2005年も2012年も”結果としては”反日という行動になっただけで、その根っこにあるのは国内の政治状況だった。中国では国内が不安定になると、対外的に敵を作ることで圧力を外に逃そうとする。日本は歴史的な経緯や地理的な理由により、最もその対象として選びやすいのだ。
今のところは今回の活動はまだせいぜい地方団体や民衆レベルで起こっているだけなので、これから中央がどのように動くかはまだわからない。もし外交部以外の部長級(閣僚級)以上が何か積極的にコメントを始めるようになったら、きっと国内で何かしらの危険信号が出たということなのだろうと想像がつく。それはもしかしたら、輸入禁止や反日という”現在出ている結果”以上に何かまずいことを引き起こす可能性があるということで、これからの中央のコメントには注目した方がいい。

« 大衆皆喜に関わった人間による”『ゼクシィ』のメディア史: 花嫁たちのプラットフォーム”の感想(5/5) : 大衆皆喜はなぜ撤退したのか? | トップページ | インフルエンザからの気力の回復 »

中国文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大衆皆喜に関わった人間による”『ゼクシィ』のメディア史: 花嫁たちのプラットフォーム”の感想(5/5) : 大衆皆喜はなぜ撤退したのか? | トップページ | インフルエンザからの気力の回復 »